グルメ(洋食)

2020年10月 5日 (月)

【GGC】グレートジャーマンクック@蒲田店


7年ぶりに訪問、リニューアルされていた。

GGC蒲田メニュー1
豊富すぎるメニュー。

GGC蒲田メニュー2
日本一メニューが多いかもしれない。選びきれん。


まずはオーストリアビールから。すっきりで飲みやすい。

GGC蒲田ジャーマンソーセージ
食べ応えのある粗挽きなジャーマンソーセージ、付け合わせも嬉しい。

GGC蒲田ハッシュポテト
ハッシュポテトは思ってたのと違ったけど、程良い塩気の芋をちびちびすくって食べる。器が熱いので注意。

GGC蒲田フラムクーヘン
フラムクーヘンというドイツのピザ、個人的にはもう少しチーズ感が欲しいので普通のピザが良いかも。ここでは普通にソーセージとビールをたしなむのが正解か。

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

スコット@静岡県熱海市

熱海の老舗洋食店「スコット本店/新館」。土日は並ぶので開店20分前には待機推奨。




ジンジャーエールで乾杯。


ふかふかして美味。


コーンスープはカップで良いのにボウルで来た。普通に旨い。

熱海スコットのサーロインステーキ
ステーキコースのサーロインステーキ200g。なかなかのボリュームで、肉汁たっぷりでこってりだけど旨い。右上のレモンバターも美味。コスパは悪いけど満足感アリ◎。

熱海スコットのエビフライ
別の日に食べたエビフライ、香ばしくてこれは当たり。

熱海スコットのポークカツ
相棒が食べたポークカツはデミソースで頂く。これも美味しかった。

熱海スコットのビーフシチュー
相棒が食べたビーフシチュー、人気メニューの模様。

横浜の馬車道十番館を思わせるようなクラシックな洋食屋で、芸能人の江原啓之もお気に入りだとか。旅館の和食に飽きたらこういう店に来てみるのも良いかも。わんたん屋は正直並ぶ程でも無いので、どうせ並ぶならこちらの方が満足度が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)@兵庫県洲本市 ②

淡路島のレストラン、メニューが豊富で全部旨い。



みけつくにサラダ
嬉しいサラダビュッフェ。

みけつくにビーフカレー
コク深いビーフカレー♪

みけつくに牛丼
お肉たくさんの牛丼。

みけつくに海老フライ
香ばしい衣の海老フライ。

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

イタリーノ@横浜市福富町 ①

日ノ出町駅から歩いて10分以内の洋食「イタリーノ」。
土地柄で客層はいかつい人が多い。




サラダのフレンチドレッシングが美味。それにしても多い!


デミ系のこんがり揚がったポークカツ、これも大きい。

福富町イタリーノのピザ
ピザはなんと生地からこねるので時間が掛かるけどまったりチーズが◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

レストラン菊水@京都市四条 ①

京都で老舗の洋食店。エビフライが美味しかった。




濃厚なコーンスープ。

京都レストラン菊水のエビフライ
香ばしい衣にプリっとした食感の海老フライ。文句無し。


最後はさっぱりシャーベット。


歴史を感じる建物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

はり重@大阪難波 ②

大阪の洋食と言えばここ「はり重」カレーショップ。
こういう街の洋食屋だけど味も上品でしっかりの店は関東になかなか無い。

はり重メニュー
はり重メニュー。

はり重一口カツ
一口カツはビフカツよりも器が豪華でボリューム感があり、肉は柔らかい。

はり重カレー
カレーは甘口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

グリル桃山@横浜市福富町

横浜の下町裏のディープな町並みに溶け込む関内の老舗洋食屋、グリル桃山。
年配の客層が多く、地元の人に愛されている模様。ここではよく海老フライをオーダー。ボリューム感もあって味もしっかり。ちょっと良い物を食べたい時にふらっと立ち寄る店。


色とりどりのサンプルが並ぶ桃山の店先。

グリル桃山の海老フライ
ランチの海老フライ。衣がさくっとしてほんのり香ばしい。


ランチではなく単品のエビフライ。料金と共にボリューム感がアップ!


コースターも味があって和む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

【閉店】洋風レストラン菊水@奈良市

言わずと知れた奈良の老舗レストラン。
向かいの奈良ホテルには何度か行った事があったが、20年近く奈良に居たのに菊水楼には行った事が無く、9月に初めて訪問した。パンが温められて出てきたのは好印象で、コースのビシソワーズはしっかりじゃがいもの味が感じられて美味、本日の魚料理もウニが乗って下にほうれん草、バター系のソースが白身魚に絡んで上品な味わい。ビーフカツレツは濃厚なデミソースで衣も香ばしく十分な肉厚の牛肉は食べ応え◎。

ランチのコースは¥5775円、メインの肉料理をアラカルトのメニューに変える事も可能だった。昼間は空いていて静かで景色も奈良らしい古都の風景なので観光客にもお薦め。私見だが向かいの奈良ホテルのレストランより質、量、コスト全てにおいて上。もっと早く知っておけば良かったと思った。灯台もと暗しとはこの事か。

※2020.04.19 閉店
リニューアル前のクラシックな感じの方が良かったし、あの頃は奈良ホテルより満足感が高かっただけに残念。

洋風レストラン菊水のビシソワーズ
美しい器のビシソワーズ

洋風レストラン菊水の魚料理
本日の魚料理、バター系のソースが合う。

洋風レストラン菊水のビーフカツレツ
食べ応えのあるビーフカツレツ。

奈良の洋風レストラン菊水
歴史と伝統の奈良ホテルを臨む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)