グルメ(ラーメン、つけ麺)

2020年12月30日 (水)

全国ラーメンランキング@2020

1位:ラーメン二郎横浜関内店@横浜
関内二郎の汁なし
ラーメン界のラオウともいうべき圧倒的な力強さのラーメン。↑関内二郎の汁なし

2位:豚菜館@奈良
豚菜館の醤油ラーメン
王道のこってり醤油ラーメン。叉焼も旨い。

3位:天理スタミナラーメン@奈良
天スタ本店
ピリ辛スープのパンチ力は最強!

4位:天下一品
中毒性の高いこってりスープ。

5位:本家第一旭たかばし本店@京都
あっさり醤油ラーメンの部類では最強か。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

ラーメン二郎@品川店(32)


平日の13:20に接続、10人待ちで20分待ち。やっぱり穴場。

品川二郎
小ラーメン麺半分そのままでヤサイ。仕事で外回り中のため、ニンニク抜きの"そのまま"オーダー。品川二郎は麺の量が多いので、麺少なめもしくは半分オーダーの人をよく見かける。

品川二郎スープ
醤油感がしっかり出つつも乳化したスープがマイルドで絶妙なバランス。非乳化の本店と乳化の関内の間くらいな味わいでラーメン本来の中華そば的な味わいを感じる。ちなみに今日は私と同じオーダーの"ヤサイニンニクなし"とオーダーしていた人がいたが、店員さんから「野菜は入れていいんですか?」と聞き返されていた。ニンニクなしヤサイ、または"そのままでヤサイ"とオーダーした方が分かりやすくてスマート。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

ラーメン二郎@横浜関内店(31)


平日10:55に接続、55分待ち。

関内二郎のラーメン
久々の小ラーメン味玉麺少なめニンニク少なめヤサイ。最高の完成度の豚と食欲をそそる野菜のボリューム感。味玉は普通。

関内二郎スープ
中毒性の高い乳化した甘醤油スープがもやしを包み込んで旨さマシマシに。ヤサイマシにすると若干スープが薄く感じることもあるが、脂の旨味が深いので気にならない。関内二郎にハマると他の二郎では物足りなくなるので個人的には関内二郎がキングオブ二郎ランキング1位!

ついでに特筆すべきは感染対策。どの店よりもカウンターの客同士のしきりが高く、入り口は開けっ放しで店の奥から風が抜けるので密になることもない。関内は全てにおいて完璧といえる。

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

ラーメン二郎@横浜関内店(30) ☆ 二郎ランキング


汁なしのある各店舗を巡る旅が一段落し、久々に関内二郎へ。


平日9:30、謹んで先頭を拝領。


関内二郎の平日の行列状況は以下↓

09:30 1人
10:05 2人
10:15 3人
10:20 5人
10:30 7人
11:00 20人

土日だと10時に来てもファーストロットは怪しいけど平日はそうでもなさそう。

最強の関内二郎汁なし
二郎最強の汁なしがこちらの関内二郎の汁なし。小汁なし麺少なめカタメ、ニンニク少なめ。
少量の濃い目な醤油ダレが麺ともやしに絡んで最高の味わいに。関内、中山、湘南藤沢、亀戸、一之江、めじろ台、池袋(まぜそば)で、越谷以外の汁なしのある二郎に行って感じた個人的な汁なしランキングとしては以下となった↓

1位:関内 ※柔らかい@豚、醤油ダレ共に至高の完成度
2位:中山 ※ねぎ汁なしは期間限定だが濃い目の汁は関内に次いで美味、玉子は別売り
3位:亀戸 ※豚のボリュームがなかなかで多めの濃い汁が細めの麺に合う

関内、中山以外は汁なしといえどもラーメンスープのような汁が多めに入っているように思え、汁なしという名前通りの物で一番完成度の高いのは関内。通常のラーメンだと本店、神田神保町、品川、歌舞伎町も加えて以下の結果に。ちなみに乳化スープが好み↓

1位:関内 ※しっかり乳化した甘醤油スープの中毒性が高く、豚も柔らかい
2位:品川 ※微乳化のマイルドさと醤油のキレのバランスが抜群
3位:中山 ※非乳化で醤油の輪郭はっきりしており、豚の旨味もしっかり感じられる

北斗の拳で例えるならラオウ:関内二郎(力強い)、ケンシロウ:中山(本店継承)、トキ:川崎(優しい)という印象。 ※上記ランキングは随時更新

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

ラーメン二郎@神田神保町店(29)


平日09:50に到着、列0。


ここでは並び方が決められており、店の前は5人まで、それ以降は↑の画像の手前(左後ろ)に並ぶ。ラーメン二郎神田神保町店の平日の行列状況は以下。

09:50 1人
10:05 2人
10:10 3人
10:20 4人
10:25 7人
10:30 10人
10:35 20人 ← 団体が接続
10:45 22人
10:50 25人
11:00 30人

平日にしてはかなりの列ができる。神保町二郎のルールは他店と同じで入店時に食券を買い、水を入り口で取ってから着席、麺少なめ麺半分は麺の多さを聞かれた際 or 食券を出す際に伝え、マシマシコールは後で聞かれたら言う。何故か店内にレンゲは置いていない。
並んでいる時に助手さんから麺の量を聞かれたので麺半分カタメを伝えると、後ろの人も半分、奥の人は1/3オーダー(初めて見た)。シャッターが開くと中から2人お客さんが出てきたが、超常連なのだろうか。

神田神保町ラーメン二郎
小ラーメン麺半分かためニンニク少なめヤサイ。噂通りの盛りで麺の量も半分でもギリギリレベル、先程見かけた1/3オーダーの意味を理解する。醤油スープは微乳化でもう少し味が濃くても良いかなと思えた。麺はやや細麺、カタメでオーダーしたがそこまで固いとは思わない(元々柔い?)。過去一番麺量が多いと思った品川よりも多いので注意。ボリューム感は過去一番だが、味的には品川の方が好みかも。

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

ラーメン二郎@めじろ台店(28)


平日に神奈川から東京の端まで遠征。1時間前から並ぶつもりが電車遅延で15分遅れて開店45分前に到着、先着2名の後ろにつく。開店10分前で10人待ち、開店ちょうどで15人待ちだったので、土日はもっと並ぶだろうけどめじろ台店の行列は都内の他店ほどキツくはなさそう。
め二郎のルールは他店と同じで入店時に食券を買い、水を入り口で取ってから着席、麺少なめ麺半分は麺の多さを聞かれた際 or 食券を出す際に伝え、マシマシコールは後で聞かれたら言う。

めじろ台二郎汁なし
汁なし麺少なめニンニク少なめアブラ。関内以外だと汁が多いタイプが多いけどここは汁少なめ。汁はラーメンスープとしてはちょうど良いけど汁なしとしてはやや薄いかも、という印象だけど結局混ぜると程良い味わいに。そして二郎で初めてオーダーしたアブラはこの店だとこの黒いアブラとなり、主張しすぎない甘辛い味で良いアクセントとなった。なかなか良かったけどネットの評判を見るとここはつけ麺の方が人気の模様で、おそらく汁なしよりも多分つけ麺かラーメンの方が完成度が高いのではと思う。


帰り際は店内待ち含め7人くらいの列。カウンターにアクリルの仕切り&換気扇があって安心感はあるものの、入り口閉めっぱなしの中待ちによる密は避けた方が良いのでは、と思えた。


高尾山付近のめじろ台(東京の端っこ)、遠かった~。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

ラーメン二郎@環七一之江店(27)


平日の13:15で待ち3人、運良すぎ。


スーパーのカクヤスまで並ぶと40人くらいの行列か。一之江二郎のルールは、まず中で食券を買ってから外に並び、水を入り口で取ってから着席、麺少なめ麺半分は麺の多さを聞かれた際 or 食券を出す際に伝え、マシマシコールは後で聞かれたら言う。麺かためオーダー不可。

一之江二郎の汁なし
一之江二郎の汁なしニンニク少なめ。亀戸もそうだったけど醤油ダレというよりは濃いめのラーメンスープが入っている感じで、厳密に言うと汁有りだろうか。中山二郎と同じく生卵は別途注文が必要で、豚は煮豚、濃いめのスープに麺が絡んで旨かった。そして麺は他店よりやや少な目なので食べやすい。

ただ席と席の間隔は他店より開いているものの、今回はL字テーブルの角に座った為に斜め前の客と対角で向き合うことになり、その人が猫舌なのかやたら麺を持ち上げてふーふーするので息がこっちに来ないか気になった。店の換気はできていたが角だけは仕切り板で仕切った方が良いと思えた。帰る頃には待ち12人、ごっつぁんでした。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

ラーメン二郎@亀戸店(26)


亀戸駅アトレ北口から徒歩、途中からもやしの臭いが。平日13:00で6人待ち、僥倖!
亀戸二郎のルールは他店と同じで入店時に食券を買い、水を入り口で取ってから着席、麺少なめ麺半分は麺の多さを聞かれた際 or 食券を出す際に伝え、マシマシコールは後で聞かれたら言う。

亀戸二郎汁なし
亀戸二郎の汁なし。圧巻の豚ブロックは柔らかい部分と歯ごたえのある部分が同居してボリュームが凄い。汁は醤油ダレというよりは乳化したラーメン的なスープの様相で厳密に言えば汁有りだが、塩気も程良く細めかつやわ目の麺に絡んで箸が進む。隣の人がむせて咳込みまくっていたが、テーブルに仕切りがあるので安心。迷惑なので落ち着いて食べてほしい。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

ラーメン二郎@中山駅前店(25)(ファーストオブファーストロット)


日曜09:50、誰も居ない。


前回は10:00で1人居たが今回はセーフ、先頭に並ぶ。関内店の並びで鍛えられた俺氏に隙は無い。10:15で5人以上居たし、その時間までには来ないと1巡目は厳しそう。

中山二郎ぎょったまつけ麺
常設ではない期間限定メニューのぎょったまつけ麺、麺少なめニンニク少なめ。列先頭に並んだものの、後列のラーメン麺かためオーダーの人が1番に着丼。つけ麺勢はラーメン勢の後になるので、本当にその日の1番に食べたいならラーメン麺かためにしないと1番にならないので注意。


二郎の醤油味にほんのり魚介の風味が感じられ、程良い脂感も相まって冷たい麺との相性が抜群で箸が進む。玉ねぎはあまり感じられなかったが実は底の方に溜まっており、かきまぜた方が良かった。ねぎ汁なしも良いけどこっちもアリ。

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

ラーメン二郎@池袋東口店(24)


平日14:00頃、待ち5人程。


池二郎のルールは他店と同じで入店時に食券を買い、水とレンゲを入り口で取ってから着席、麺少なめ麺半分は麺の多さを聞かれた際 or 食券を出す際に伝え、マシマシコールは後で聞かれたら言う。↑このようにみんなコップにレンゲを入れて待っている。

池袋ラーメン二郎まぜそば
池袋二郎のまぜそば。チャーシューは歌舞伎町と同じ煮豚っぽい感じで、関内や中山の汁なしとは違って黒くて濃いめの甘辛い汁が結構たくさん入っている。中国大陸の中華料理の香辛料的なものが感じられ、味わい的に他店の汁なしとは別物であくまでまぜそば。二郎なのでボリュームと満足度はそこそこあったけど、どっちかというと池袋二郎では汁ありの方が良さそう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧