« おすすめパブ・スナック@横浜市関内 ① | トップページ | ガシャポン&食玩のZガンダムレビュー »

2017年10月10日 (火)

【レビュー】アウトレイジ最終章



相変わらず役者陣が豪華で、韓国裏社会とのつながりとか警察と暴力団の馴れ合い等、結構タブーに突っ込んだ内容になっていてリアル。今回は済州島(チェジュ)の繁華街がテーマだったので、怪しい繁華街の雰囲気が気になったので行ってみたくなった。

違和感の無い関西弁の西田敏行に凄みが感じられ、塩見省三があまちゃん出演時の琥珀の勉さんだった事に気付かないくらい、今回も悪っぷりが凄まじくて役者魂を見せ付けられてこれぞ役者!という演技を見た気がした。アウトレイジ1の杉本哲太も尖ってたけど今回も凄い! しかし今回一番勢いのあったのは刑事の松重豊か。やくざよりもドスの効いた取り調べに凄みを感じた。

今回はいつもと比べて意外なエンドだったけど、あそこまで色々やらかしたらそうなるしかないか、と納得する事にした。仁義無き戦いとか義理人情とか、そういう物はもう任侠会には無くなった、結局はろくでも無い世界とか、そういう意味を込めた最後だったように思えた。

最後の工場のシーンは誰を?みたいな感じだったが、前作・前々作からだいぶたってしまったので良く分からなかった(若干の複線はあったけど、他の観客もそんな感じの会話をしていた)。

相変わらず殺しすぎな映画で有り得ないっちゃ有り得ないけど、娯楽映画としてはこのシリーズは満点だろう。最後に、「やくざに夢見てんなよバカヤロー!」、って声が聞こえた気がした。

星4つ★★★★

Takeshi
30年振りの久々にこれを見せられたような気分。
こんなえいがにまじになってどうするの、と。

|

« おすすめパブ・スナック@横浜市関内 ① | トップページ | ガシャポン&食玩のZガンダムレビュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】アウトレイジ最終章:

« おすすめパブ・スナック@横浜市関内 ① | トップページ | ガシャポン&食玩のZガンダムレビュー »