グルメ(フレンチ・洋風)

2017年1月15日 (日)

サクラ@ニューオータニ大阪 ⑤

一昨年前の今頃の様子をUpし忘れていたのでアップ。

Sk5_1
寒空の大阪城。

Sk5_2
彩り豊かな前菜。

Sk5_3

Sk5_4

Sk5_5
幼鴨のロースト マルコポーロ。胡椒風味のソースと香ばしい鴨肉がマッチ。
鉄板とも言えるサクラ定番の逸品。

Sk5_6
もうこの辺になるといつもお腹いっぱい;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

トゥール・ダルジャン@ニューオータニ東京 ②

新年会@赤坂見附。

フォアグラ三皇帝風
フォアグラ三皇帝風(\6200円)。濃厚な冷製フォアグラ、横のワインゼリーも美味。

トゥール・ダルジャンのカサゴのポワレ
カサゴのポワレ。皮のパリパリした感じが香ばしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

サクラ@ニューオータニ大阪 ④

サクラにて今年一年を振り返りつつ昼食。
一年の出来事を色々考えようと思ったがシャンパンで酔いが回ってしまい、
結局まったり時間が過ぎてしまった。とりあえず1年無事に過ごせて良かった、という事で;

Ns4_2
レストランから、真田丸で話題になった大阪城が見える。

Ns4_1
大阪城をグラスにイン。

フォアグラのポワレトリュフソース
フォアグラのポワレ トリュフソース。まったりした上品なフォアグラの脂。

スパイシーポトフ但馬鳥胸肉と季節野菜
スパイシーポトフ 但馬鳥胸肉と季節野菜。ほんのり胡椒の風味が効いていてパリっとした皮が香ばしく、メインに相応しいボリュームのある鶏料理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

レストラン菊水@京都

京都で老舗の洋食店。エビフライが美味しかった。

Kk1

Kk2

Kk3
香ばしい衣にプリっとした食感の海老フライ。文句無し。

Kk4
最後はさっぱりシャーベット。

Kk5
歴史を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

シャンボール@リーガロイヤルホテル大阪 ④

寝正月から脱却すべく、1月2日は大阪へお出かけ。
一流フレンチといえども1月2日は空いていたので、のんびりした時間を過ごす。

Cb_1
オマール海老とフォワグラのフリカッセ トリュフ風味
たまにこんなこってりした料理が食べたくなる。フランスパンに良く合う。

Cb_2
兎の背肉とグルヌイユのラグー クレープパルマンティエ・シェーヴルチーズ“シャロレ”添え
兎も蛙(グルヌイユ)も初めてで新年早々大冒険。どちらも鳥っぽいあっさりな感じで悪くない。にんにく風味のソースでうまく纏められていた。
奥の小さいパンケーキはヤギのチーズが入っていて独特の珍しい風味。ここでしか味わえない。

Cb_3
ついこの前の新年にここを訪れたと思ったら、それも3年前だった。
時が経つのが光速な30代を実感。今年は良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

忘年会@帝国ホテル

伝統のローストビーフ(ダブルカット)で締めくくり。今年も一年間お疲れ様でした!

Tk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

千花@関内 ②

ローストビーフの名店、横浜関内の「千花」(ちはな)。
横浜エリアで静かにゆっくり優雅な時間を過ごすならココ。

本日の魚は金目鯛という事で、金目鯛のマリネ。
脂の乗った新鮮すぎる金目鯛に千花特製ドレッシングがベストマッチ!
Ch1_3

平目のポワレ、牛蒡ソース。身の厚みが素敵。
Ch2

わさび醤油で頂く圧巻のローストビーフ。醤油もアリかも。
Ch3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

サクラ@ニューオータニ大阪 ③

小出シェフが東京のオータニに移ってしまった。またいつかあの神業をここで拝める日が来る事を祈る。といっても相変わらずの居心地の良さと食べ応えの有る繊細なフレンチは健在。良い時間を過ごさせて頂いた。

Sk3_1
大阪城を飲み干す

Sk3_2
前菜

Sk3_3
活オマールブルー 本日の調理法にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

今年もよろしくお願い致します。

Brs2_1
遅くなりましたが、ラ・ブラスリー@帝国ホテルより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

ラ・ブラスリー@帝国ホテル東京 ②

帝国ホテル東京B1F「ラ・ブラスリー」。
ブラスリーといえばローストビーフだが、日替わりのランチメニューもバリエーション豊富で季節を取り入れた物も織り交ぜていて決して飽きが来ない。お気に入りのレストランです。

①オマール海老のビスク
Brs2_1
ランチ限定の一品。極めて濃厚な海老の旨み。

②鴨腿肉コンフィの網焼き ディジョンマスタードで
Brs2_2
外はカリっと、中はほろっと柔らかでとてもジューシー。

③牛サーロインでベーコン、にんにく、パセリを包んだ
プロヴァンスの家庭料理 “アルエット サン テット”
Brs2_3
肉の中から肉。ホンジャマカの石ちゃんに食べさせたい。

④ワカサギのフリッター
Brs2_4
春先のランチメニュー。苦味も無く、ふっくらした身が香ばしい。タルタルソースも合う。

⑤近海産舌平目のムニエル
Brs2_5
\6000円だけあって、なんと目の前で給仕が焼いてくれる。あめ色のバターの香りが
なんとも言えず、きれいに焼けた白身と相まってまったり贅沢な味わい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)