ナイトライフ

2017年3月 5日 (日)

おすすめパブ・スナック@別府 ②

別府スナック・キャバクラ
↑年金で飲みに行こうとするお爺ちゃんを孫が止めている、訳では無い。

前回に引き続き。
別府の夜の女性は自分の勤め先の店とは別に、21~22時くらいまで近隣旅館の宴会場に派遣で行ったりするので出勤するのはその後となる。そのため20時とか早い時間に入店するとあまり人が揃っていない事が多く、大箱ですらそういった状態なので大体どこでも21時
以降の入店が良さそう。

別府シュガー
長めのカウンターのみでボックス席無しのスナック、シュガー。ママ+女の子3人程。女性は皆気遣いのできるオトナの女性で、健康に良さそうなママの手作りおつまみに加えてサッポロポテトとジャイアントコーンで酒が進む。今回は女性達よりも横に座ったお客さんで
某カレーチェーン店の偉い人と話し込んでしまった。別府は女の子も良いけどお客さんも
個性的で面白い。1時間半ほど居て6900円。カラオケの採点で69点を叩き出すと良い事が
ある・・・、かも。場所は鳥天が評判のグリルみつばの斜め向かい。

別府芹香
ラウンジ芹香は物腰柔らかな和服の美人ママが居る、シックで高級感のあるクラブのような店。カラオケもあって店内は広くボックス席充実、若めの美人が多く1時間程居て8000円程。安くはないけどたまに行くならこんな雰囲気の良い店も良いかも。団体で行ったら楽しそう。

Beppu_riche
Riche(リシェ)はカウンターメインでボックス1席の小箱。センスを感じる爽やかな看板デザインに惹かれてイン。期待した通り若めな子が居て、ちょいギャルな感じの2人と世間話に興じる。1時間も居なかったので4500円程、店は広くないので大勢の団体は多分不向き。
年齢層が高そうな八坂通りだが、こちらは若くて元気なお店という印象。

別府スピカ
前回訪れた北浜ナイトセンターのスピカ。22時頃に訪問してしまい混雑・・・、やはりここは
少し早めに入った方が良い。ミス●○とかいうタイトルホルダーの嬢も居てびっくり、別府で一番勢いがある店な気がする。1時間6000円程。

ニュースマイル
店先で客を送る嬢に惹かれてイン。ボックス+カウンターの店で、別府では有名な店らしい。意外にもデザイン性の高いハイセンスなホームページがあり、今回はそこに紹介されていない子と会話、20代でショートヘアの清楚な感じがツボに入る。出された甘納豆が焼酎水割りに合い、さすがは老舗、おつまみのセレクトにもセンスが冴える。老舗のせいか年配客が
多目。深夜で40分程しか居なかったので3800円程、次はもっと早めに来てゆっくりしたい。

別府ラウンジ裕子
前回訪れた喜界島くろちゅう会館のラウンジ裕子、紳士な年配客が多いのは居心地が良い証拠。数ヶ月ぶりに訪れたのだが、驚くべき事に今回もカウンターの客が前回と一緒だった。スタッフもママの指導が行き渡っていて安心の接客で、若い人向けというよりは40代以上のおっさんが湯上りに飲んで歌ってのんびり時間を過ごすならココ。

※上記料金は目安、それぞれ飲み方によるので参考程度。おおむね2杯程スタッフに振舞っての料金。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

おすすめパブ・スナック@神戸三宮

初・三宮飲み! という事だが、さすがは神戸、飲み屋の数も半端無い。
東門街から北野坂に抜けていく。北野坂の交差点に居た大柄なおかまちゃんの客引きが気になったが、店舗がたくさん入っているゴールドプラザビルという所の「白夜」へ訪問。
カウンター+ボックスのこじんまりしたスナックでお客も多く賑わっていて、一見の私でも暖かく迎えてくれた。在籍が20人程居るらしく、若い子から熟女まで色とりどり。居心地が良く初めてなのに長居してしまい、2時間程居て1万円程。長く居た割に非常にリーズナブルだった。

神戸三宮の東門街
三宮の飲み屋街「東門街」。

三宮ゴールドプラザビル
東門街から移動して北野坂へ。

三宮スナック白夜
ゴールドプラザビル3F、スナック「白夜」。若い人から年寄りまでゆっくり飲める場所。
同じフロアのThe神戸は韓国クラブとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

おすすめパブ・スナック@別府 ①

別府の良い温泉に浸かった後はふらっと飲み歩き。
温泉だけでなくグルメとナイトライフがしっかり揃っているのが別府の良いところ。

喜界島くろちゅう会館
別府の飲み屋街は週末でもあまり人は歩いていない。

Beppu2
喜界島くろちゅう会館。お酒の名前?

別府ラウンジ裕子
喜界島くろちゅう会館の1F、ラウンジ「裕子」へ。小学校の頃、そんな名前の可愛い同級生が
居たな~・・・、なんて思いながら入ってみる。

ここは1Fの一番手前にあるので入りやすい。中はクラシックで落ち着いた感じでそこそこ
広く、ベテランママをはじめ、美熟女、20代のスタッフも居て幅広い。当然カラオケもあるので
年配と若い衆の団体で一緒に飲むならこういう店が良さそう。客層は50歳以上が多いが
30代の私でもゆったり落ち着ける。

私はカウンターで飲んでいたが、途中入ってきた泥酔の旦那が私の席からひとつ空けて座ってきて、私に絡まない?ようにその空いた席にママが座って旦那の相手をしていた。
その気遣いと安定感のある接客に感服、1時間半程居て7000円程。
かなり安いと思ったが、これでも別府では高い方らしい。それでもその価値はあると思う。
1件目というよりは2、3件目に訪れてゆっくりしたいお店。

その酔ってた旦那が自分にくれた持ち込みの焼鳥にんにく串が凄く美味かった。
おじさんありがとう! っていっても、自分も十分おじさんだった。

後で冷静に考えたら、小学校の同級生の名前は「裕美子」だった。まぁどうでもいいけど;

北浜ナイトセンター
喜界島くろちゅう会館の真向かいにある北浜ナイトセンター。

別府スピカ
入りやすそうな1階一番手前の店を選んだ結果、写真左下の「スピカ」というお店へ。

こちらは20代~30代くらいの若いスタッフがメインで出勤数も多い。最初はカウンターに1人、ボックス席に1組しか客が居なかったが、後からお客がどんどん押し寄せて一気に満席に。気付いたらさっきの店にいた深酒のおじさんも来ていた。美人ママに加えてスタッフも
粒揃いなので流行らない訳が無い。

会社帰りの上司+部下の団体客や私のようにふらっと飲みに来た地元の青年等、幅広いお客さんに愛されている模様。若い会社員が歌う大音量のアニソンをBGMに、女の子よりも隣の青年達と話が盛り上がってしまった。1時間程居て6000円程、22時以降だと混んでて微妙なので、女性陣が出勤して揃い出す21時くらいの入店が良さそう。

横の席に居た独身の"しげちゃん"、"たつやさん"、お互い幸せになりましょう!

別府の軍歌酒場戦友
お次は別府でディープ中のディープスポット、軍歌酒場「戦友」。

去年も1回訪れたが場所が変わっていた。ゴリゴリの右翼な方々と大日本帝国の大和魂について語り合う所・・・、ではなく、地元の老若男女に愛されるノーマルなカラオケスナック。
話し上手な名物マスターや隣のお客達と語ったり。もちろん軍歌もOK。

年配のお客が多いが30代くらいの男性客も居たりして、たまに自衛官も来るらしい。カラオケで私の歌が下手すぎたのか、歌い終わった後に戦闘機?の写真の額縁が落ちてきた(笑)。女性スタッフは居ないけど、ふらっと地元民と話すならこういう店も良いかも。
1時間程居て2000円程。隣の席の旦那がこの後豚骨ラーメンを奢ってくれた。
本当にありがとうございました!

その方がコスモラーメンという屋台も旨いと教えてくれたので、次回の別府訪問を検討中。

上記3軒の金額は飲み方にもよるのであくまで目安で、1件目と2件目は1~2杯女性スタッフに振舞っての料金。それでも東京・横浜の物価と比べたらいずれも破格! 2万もあれば食事してから3軒はしごして豪遊できそうな別府の飲み屋街、他にもまだまだ多くの店が軒を連ねており、その奥深さは計り知れない。別府キャバクラ

→おすすめパブ・スナック@別府 ②へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

夜桜@日ノ出町

4月の横浜市京急日ノ出町駅の桜。この後ちょっと一杯。

Sakura
真ん中にはランドマークタワーが見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

伝説のキャバクラ嬢@NIGHTS編

勝手に思い出ランキングです。
対象期間 2000年~2007年
対象地区 大阪→福岡→東京

☆1位 亜衣さん サブリナ@博多中洲
☆2位 織泉詩音さん クロノス@新宿歌舞伎町
☆3位 なおみさん ミス大阪@大阪千日前

では3位のなおみさんから。
大阪の一流大手外食企業「鳥よしグループ」が誇る大型キャバレー、ミス大阪。この店は学生時代の2001年頃に知人に連れられて訪れたのがきっかけで、1度行くと貰えるサービスチケットを使うとビール飲み放題指名込み\4000円程で激安!(※今は分かりません)、体育館くらい広い2階建てフロア、18~60?才まで幅広いホステスが在席で、古くも新鮮さを感じる昭和の雰囲気に驚きの連続だった。30代半ばのなおみさんだったが美人で会話も上手だったので年の差も気にならずその魅力に圧倒された。若いホステスは勿論色んなタイプの女性がいるので世代の違う会社の仲間と飲むならここが一番お奨め。ちなみにお気に入りの席はフロア全てが見渡せる2階席内側。

2位の詩音さんは2007年頃。この方は榊原郁恵に似て天然でケバくなかったのであまり夜の人っぽくなかったけど(だがそれがいい)美人で巨乳なのにリアクションがますだおかだっぽくて何故か昭和?でインパクトがあった。銀座でも十分いけそうな気がする人だっただけに歌舞伎町でも稀有な存在だったかも。芸能人としてテレビで見てみたい不思議な人。榊原郁恵にハマったオヤジ世代の気持ちが少し分かった気がした。

★堂々1位はサブリナの亜衣(あい)さん。
2003年頃、とにかくこのサブリナという店は凄かった。40分\2000円で女性のドリンク代込(※今はシステムが違います)、しかも指名無しでも美人が付くしボーイも愛想が良くて機転の利く人が多かった(一成店長、まさクン等)。人気店だけに30分1時間待ちもザラ、延長は出来たらラッキーくらいの勢いで、今考えたら笑顔であっさり延長を断るボーイも珍しい。それでもよく通ったものだが店に行けば会社の誰かが飲んでいたのでお忍びで行ったつもりでも必ずバレてしまって恥ずかしい思いをした事も。蘭さん、まみさん、ともかさん、ノアさん、ななさん、かなさん、ちかさん(左記全員同僚の指名)等、皆美人揃いでよく集めたものだと感心したのだが、その中でもひときわ目立っていたのが亜衣さんだった。
最初の出会いは自分が座った席の遠く向かいで接客されていて、ブルーライトが青白く光る薄暗い中で、白いドレスで颯爽とフロアを歩く姿に目を奪われた。背は低くて愛嬌があって色白、うまく表現できないけど八重歯で滝川クリステルをかわいくした感じ。香水はシャネルのアリュールで熊本出身、挨拶は「よろちくび」。お笑い芸人並みに会話も上手で相当頭の切れる子だったように思う。見た目、会話、香りで五感を揺さぶられ、そこにアルコールが入ると・・・ もう給料全部消えてもよか!と思った人は私だけでは無いはず。私がハマった後に上司ものめりこんでいったので指名がかぶるのが大変悔やまれた。とにかく熊本というところはこういった女の子がごろごろいるらしく、神戸や東京なんてもはや比べ物にならないだろう。

今頃どうしてらっしゃるかは分かりませんが、博多を離れた今でも時々思い出します。
みんな元気でいる事を祈ります。

伝説の店、SABRINA。感動をありがとう。

中洲サブリナ
今はサブマリアという店に変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)