« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

日本市民?

最近ネットニュース等でよく見かける単語。
日本国民ではなく日本市民。日本国籍を持たないけど
日本に住んでいる人達を指すのだろうか。

とにかく違和感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

モーリヤ本店@神戸三宮 ③

Moriya3_1_2
モーリヤ本店。相変わらず予約が取りづらい。

モーリヤの神戸牛リブロース
迫力の神戸牛リブ。

Moriya3_3
サーロインより薄めだが脂感と味わいは◎ サーロインより脂が濃いかも。

Moriya3_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

馬車道十番館@横浜 ②

Bj2_1

Bj2_2
昼はコースだけでなくアラカルトもオーダー可。

Bj2_3_2

Bj2_5
いつもながらパンが温かく旨い。

Bj2_4

馬車道十番館の黒毛和牛サーロインのステーキ文明開化風
今回は黒毛和牛サーロインのステーキ 文明開化風。ややこってりした感じで醤油テイストの
ソースがくせになる。フィレよりもこっちの方がボリュームがあって好み。

Bj2_7
横浜らしい上品で静かな店。やっぱり落ち着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

ガシャポン&食玩のZガンダムレビュー

39fcc8fd93da5f1a6a982b7cb493ad34500
ガンプラblogより転載

①左上:ガンダムコンバージ
スタイリッシュな立ち姿が売りのコンバージ。カッコいいけど昔より目が細くなって胴も小さく
なったのでそこだけ修正して欲しい。もう少し肩が大きくても良い気もする。

②右上:ガンダムアンサンブル
文句無しの出来栄えなアンサンブル。とにかく顔から体型から全く違和感の無い仕上がり。
ここ最近のデフォルメされたZガンダムの中では一番のデキ。

③左下:SDガンダムNEO
何故か目がギラついていてモールドもキツめなのでいまいちSDらしさ、かわいさを感じない。
リアル路線よりもむしろ横井画伯のカードダスの絵のような柔らかさが欲しいのだが・・・。
以前発売されたビルドモデルの方がまだ良かった。一回仕切り直した方が良さそう。

④右下:ガシャポン戦士フォルテ
ガシャポン戦士NEXTから進化したように見えるが、可動範囲は増えたものの関節が多すぎてポロリも増え、組むのとポーズ決めるのがめんどくさい。SDって脚はもっと短くて良いように思うし、NEXT以前の方がフォルムは良かった気が。ただクリアパーツは評価したい。200円くらいで関節少な目の手軽な玩具に戻って欲しい気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

【レビュー】アウトレイジ最終章



相変わらず役者陣が豪華で、韓国裏社会とのつながりとか警察と暴力団の馴れ合い等、
結構タブーに突っ込んだ内容になっていてリアル。今回は済州島(チェジュ)の繁華街が
テーマだったので、怪しい繁華街の雰囲気が気になったので行ってみたくなった。

違和感の無い関西弁の西田敏行に凄みが感じられ、塩見省三があまちゃん出演時の
琥珀の勉さんだった事に気付かないくらい、今回も悪っぷりが凄まじくて役者魂を
見せ付けられてこれぞ役者!という演技を見た気がした。アウトレイジ1の杉本哲太も
尖ってたけど今回も凄い! しかし今回一番勢いのあったのは刑事の松重豊か。
やくざよりもドスの効いた取り調べに凄みを感じた。

今回はいつもと比べて意外なエンドだったけど、あそこまで色々やらかしたらそうなるしか
ないか、と納得する事にした。仁義無き戦いとか義理人情とか、そういう物はもう任侠会には
無くなった、結局はろくでも無い世界とか、そういう意味を込めた最後だったように思えた。

最後の工場のシーンは誰を?みたいな感じだったが、前作・前々作からだいぶたって
しまったので良く分からなかった(若干の複線はあったけど、他の観客もそんな感じの
会話をしていた)。

相変わらず殺しすぎな映画で有り得ないっちゃ有り得ないけど、娯楽映画としてはこの
シリーズは満点だろう。最後に、「やくざに夢見てんなよバカヤロー!」、って声が
聞こえた気がした。

星4つ★★★★

Takeshi
30年振りの久々にこれを見せられたような気分。
こんなえいがにまじになってどうするの、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

おすすめパブ・スナック@横浜関内 ①

カジノガールズバーSAKURAGI(サクラギ)@関内

横浜カジノ建設を見据えて時代を先取りしたお店が2ヶ月前に関内にオープン。
ゲームはポーカー(テキサスホールデム)のみで勿論換金無し。客同士の駆け引きで盛り上がれるゲーム&点計算が容易なのでこれが選ばれたと推測、実際のお金を賭ける訳ではないので駆け引き無しのルーレット等を置いてもおそらく大してつまらないのが理由なのかも。

トランプスタジアムゲーム:テキサスホールデム

ゲームをせずともガールズバーとして飲むだけでも良く、バー利用はカウンター席、ゲームの場合は2卓の専用テーブルにて女性ディーラー1vs男性客(最大5)で、みんなでざわざわしながらポーカーを楽しむ感じ。お客は昨日までカジノに行っていた玄人や、カジノは行った事が無いけどポーカーは好きという人まで様々。キレイな女性とマスターっぽい紳士な男性ディーラーにルールを丁寧に教えてもらい、最初は難しいと思ったけどおかげで大体のルールを覚えられて勉強になった。

ポーカーの印象としては、麻雀と似て相手の出方を気にしつつ手を作っていくような感じで結構テクニカルで頭を使う。最初は運でフラッシュとか出て大勝ちしたがやはりポーカーは運だけでは押し切れずジリ貧に。けど全負けしそうになったら男性のマスターが横に付いてアドバイスしながら助けてくれたりして、正直女の子よりもマスターが好きになった(笑)。

アルコール含むドリンク飲み放題、ゲームチップ付きで3時間ほど居て初回料金&登録料の税込7200円、通常利用したとしても1~2時間なら恐らく1万円前後か。ポーカーの練習とか海外カジノの情報交換、もしくはリッチなおじさまのアフター利用としても使えそう。
(※ゲーム利用は夜0:00迄、その後はBar営業)。
ゲーム自体は結構ガチ勝負で女の子との会話はあまり無かったので、話したいならカウンターでのバー利用が良いかも。この辺は気分によって使い分けるのが良さそう。ハンドルネームでの会員登録(住所記入不要)が必要なので、好きな名前を考えていくと良いだろう。
今後の希望としては、ポーカーをしない人向けの別のゲームがもう1個あれば、と思えた。

ちなみに美人オーナーの好きなゲームは「バカラ」。
大王製紙元会長もしかり、博打うちのいきつくところはみんなバカラ。
頭脳不要、やはり丁半の単純さこそ博打の神髄、オーナーも生粋の博徒である。

自分は今のところカジノではルーレットか大小しかやらないけど、1ゲーム数十秒の
超絶スリリングなバカラにはなるべく触れずに人生を終えたいと思えた。
※ルーレットは1ゲーム8分、大小は3分程。

個人的には韓国セブンラックのルーレットか大小、マカオはリスボアの大小が好み。
いずれもルールが簡単で低レートでじっくり楽しめるのが理由。といっても、去年に
大敗したのでしばらく充電中・・・。

Sakuragi
横浜太田町郵便局の近く、ピザ「シシリヤ」裏手のビル5階、目印はビル入り口の立て黒板。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

マルコ@野毛

ラ・カーサ・ディ・マルコ la casa di MARCO、名前が長いのでマルコと呼んでいる。

Marco1
明るい店内で入りやすいお店。

Marco2
イタリアンサラダは火を入れた野菜が散りばめられていて楽しい食感と味わい。
器もおしゃれ。

野毛マルコのボンゴレビアンコ
ボンゴレは麺がモチモチで良いけどもう少しパンチが欲しい。

野毛マルコのマルゲリータ
薄焼きローマ風ピッツァのマルゲリータ。

野毛マルコのローマ風ピッツァ
見て分かる旨いチーズの色と香ばしさで、とろけ具合が絶妙。
薄いので1人で一枚でも完食できた。ローマ風は自分の好みかも。
パスタのチャンピォンの店という割にはパスタメニューは少ないけど
この店はピザをまた食べに来ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »