« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

翠香園@横浜中華街

横浜中華街の市場通りにある老舗、翠香園。
メイン通りではなく裏通りに位置するものの、荘厳な佇まいは歴史ある名店の存在感を保っている。この界隈で数十件食べ歩いたが、この店は何でも美味い。辛さと旨みが程良い麻婆豆腐、大きな肉の酢豚、香ばしく食べ応えのある唐揚げ等、全て抜群の安定感。土日の昼は満席な事が多いので注意。中華街で迷ったらココで良いと思う。

翠香園@市場通り中央。中華菓子も販売。
Sk1

辛すぎず食べやすく、キレのある麻婆豆腐
横浜中華街の翠香園

お肉がゴロゴロでインパクトのある酢豚
Sk3

大ぶりの唐揚げは醤油に付けて頂く
Sk4

パラパラの炒飯。薄味系。もうちょっと味付け濃くても良い気が
Sk5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

冷麺館@鶴橋店

大阪鶴橋の冷麺店。
冷麺のチェーンなんて日本でココくらいしか知らないが、店舗拡大するに足る本格的な冷麺を提供している。よくある酢系の味ではなく、鶴橋や新大久保でもこれ程しっかり作られた出汁の冷麺は出て来ない。韓国釜山で食べた冷麺より旨かった。

Rk1

コシのある麺にしっかり作られた出汁。良い色をしている。
鶴橋の冷麺館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

新生FF14ベンチマーク@GALLERIA XF-A

Ff14_bench_hq

先日ドスパラ横浜店でPCを新調したので試しにベンチマーク実施。
最高品質:1920x1080でスコア7234、FF14は問題無く完璧に動作する模様。ネトゲはFF11で懲りたし今後はPCで事務作業しか大してやる予定が無いのにオーバースペックだが、大体のゲームはこれで動くだろう。

---------------------------------------------------------------------------

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編
計測日時:2013/03/03 23:24:44
SCORE:7234
平均フレームレート:61.596
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

画面サイズ: 1920x1080
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
描画設定
-グラデーション描画をなめらかにする : 有効
-見えない物の描画を簡略化する(Occlusion Culling) : 無効
-遠景表示用の簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-必要な時以外LODデータを持たない(ストリーミング) : 無効
-表示のギザギザを緩和する(アンチエイリアス) : 有効
-透過する光の表現品質を向上させる : 有効
-こまかい草の表示量 : 最大表示:高負荷
影の表現
-影の表示に簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-影の表示設定 : すべて表示する
-影の解像度 : 高解像度:2048ピクセル
-影の最適表示(カスケード) : 最良表示:高負荷
-影をぼかす強さ(ソフトシャドウ) : 強く:高負荷
テクスチャ品質
-基本的ななめらかさ : 高品質
-角度/距離でのなめらかさ : 高品質
画面効果
-画面の隅を自然に暗くする効果(周辺減光) : 有効
-爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果(放射ブラー) : 有効
-キャラクター移動時の効果表示 : すべて表示:高負荷
-立体感を強調する効果(SSAO) : 強く:高負荷
-光があふれる表現効果(グレア) : 通常表現
カットシーン演出専用効果
-被写界深度表現(DOF) : 有効

システム環境:
Windows 7 Professional 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130104-1431)
Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
16270.984MB
NVIDIA GeForce GTX 670(VRAM 4042 MB) 9.18.0013.1407

このベンチマークはFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »