« 賈詡 (147年-223年) | トップページ | 電撃訪朝@2011年8月 »

2011年8月 2日 (火)

ガストロノミー ジョエル・ロブション@恵比寿

とある平日の昼に初めての三ツ星レストラン訪問。
初なので気合を入れて\12300円の最上コースを選択。恵比寿ガーデンプレイスの中に存在する見事な洋館で、案内人に出迎えられて2Fに通される。内装はまさに中世のお城できらびやか、ゴージャスさは半端無い。ここの名物「特選生雲丹 甲殻類のジュレ」は宝石が入ってそうな器に入っていて、甲殻類のクリーミーなソースが新鮮な雲丹と相まって美味。パンは色々選べて暖かい状態で食べられたのは◎。その後そら豆のスープ、太刀魚のポワレ、牛フィレ肉と続き、お肉は柔らかくて申し分無かったのだが、結局最後まで前菜を超える感動は特に無かった。最後のフルーツのサラダ仕立てもちょっと甘ったるい。
お城系の内装は豪華だが少し物々しい気もする。若い女子はこういうのが好きなのだろうか。お客はグルメ好きのOL連れから医師の婦人会?の方々、業界系の兄貴、若いカップル、会長っぽいお年寄り集団など様々。スタッフが多い割にそんなに気の利いた感じはしない。お会計はソフトドリンク代もプラスして総額\16000円程、ひとつ光る料理もあったが全体で見たらこの値段程の価値は微妙な気がした。やはり夜の方が内容が良いのだろうか。いずれ1Fのカジュアルレストランも訪問してみたいと思う。

外観
ジョエル・ロブション恵比寿

特選生雲丹 甲殻類のジュレジョエル・ロブション恵比寿の特選生雲丹甲殻類のジュレ

トマトの香るパンを付け、カリッとポワレし
万願寺とうがらし入りガルビュールのブイヨンソースジョエル・ロブション恵比寿の万願寺とうがらし入りガルビュールのブイヨンソース

|

« 賈詡 (147年-223年) | トップページ | 電撃訪朝@2011年8月 »

グルメ(フレンチ・洋風)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458071/41045709

この記事へのトラックバック一覧です: ガストロノミー ジョエル・ロブション@恵比寿:

« 賈詡 (147年-223年) | トップページ | 電撃訪朝@2011年8月 »