« マルメゾン@ホテル阪急インターナショナル | トップページ | G13型発電機 応談 »

2011年3月 1日 (火)

ラ・ベ@ザ・リッツ・カールトン大阪

ミシュラン一つ星店の初訪問。
ランチコースでメニュー「フランセ」\9000円を選択。牛テールのコンソメは味に深みがありなかなかのお味◎。パンのバターは発酵バターと海草バターが選べてこの海草バターの磯の風味と塩気は感動の初体験。メインは「阿寒産蝦夷鹿背肉とフォアグラのロティエピスの香り 野菜のブレゼ添え ソースポワヴラード」、お肉の中央がフォアグラ。付け合せの野菜も上品で美味しく(特にポテト)、鹿肉を引き立てる上品なソースはさすがの一言。ただ鹿肉はクセも無いけどやっぱり牛肉の方が好きかも。いずれ再訪します。
お店の雰囲気は荘厳で、優雅な絵が随所に飾られていてとても静か。ちなみに窓は無いので景色は見えないけど料理に集中するならこういう造りもアリかもしれない。

牛テールのコンソメ 椎茸の香り 滑らかな栗とラヴィオリラ・ベの牛テールのコンソメ椎茸の香り滑らかな栗とラヴィオリ

阿寒産蝦夷鹿背肉とフォアグラのロティエピスの香り
野菜のブレゼ添え ソースポワヴラードラ・ベの阿寒産蝦夷鹿背肉とフォアグラのロティエピスの香り

|

« マルメゾン@ホテル阪急インターナショナル | トップページ | G13型発電機 応談 »

グルメ(フレンチ・洋風)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458071/39058823

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ベ@ザ・リッツ・カールトン大阪:

« マルメゾン@ホテル阪急インターナショナル | トップページ | G13型発電機 応談 »